2016年06月27日

地元愛、炸裂!

私は大阪生まれ、愛媛育ちで、高校は愛媛と広島の県境にある小さな島での寮生活。

尾道や福山が遊び場で、その後、東京で仕事をしました。弟は鹿児島育ち。

仕事柄、各地を取材して飛び回っていたため、色んな方言を覚えました。

方言って、いいですよね。なんだか温か味があって。



「アナと雪の女王」にも、日本各地の方言バージョンがあるんですね。

ご当地の方言バージョンを youtube で見つけて、宴会芸にしたらウケルかも(笑)


       <生まれてはじめて 大阪弁バージョン>




でね。今、広告業界で全国各地の 地元PRコマーシャル が盛り上がってるんですよ。

これが、もう、すごくって。



f:id:levites:20151218141249p:plain


大分県でTV放送されているCMで、youtubeでは100万PV超えという

驚異の数字を叩き出している、地元PRコマーシャル。企画したのは大分県。

テーマはなんと「温泉でシンクロナイズドスイミング」。

シンクロナイズドスイミングって、水深3m以上は必要らしいのですが、

温泉の浴槽は、深さわずか50〜100cm。しかも40度を超えるお湯。

温泉で、シンクロナイズドスイミングなんて、できるんでしょうか?



ところが、それをやってのけた人たちがいるんですね〜。

シンクロのオリンピックメダリスト・藤井来夏氏(アトランタ銅・シドニー銀)が

主宰するプロのシンクロナイズドスイミングチーム「RAIKA ENTERTAINMENT」。

題して、シンクロならぬ、「シンフロ」!



テーマ曲は大分出身の作曲家・瀧廉太郎氏の名曲「花」。楽器や効果音にも、

大分ならではコダワリを詰め込んでいるんですって。

「シンフロ」の振付も、大分名物の「とり天」や「かぼす」「豊後牛」などを

イメージしたものが随所に取り入れられていて、なかでも見事なのが、これ。

エロ目線で見てる人、誰ですか?(笑) これ、実は大分県の県旗なんですね。

shinfuro2.png


いっそのこと、これを機に、県旗をシンフロの写真の方に変えて欲しいと思うのは

私だけでしょうか?(笑)     

あ、椅子にわざと膝をぶつけて「おお〜いた〜!」なんてくだらないギャグ

やってたのは、中学時代の私です。ごめんなさい、大分の皆さん。

大分の広告は、時代の最先端を行っていると思います。後退しているのは私です。


    〜   〜   〜   〜   〜

【本日の名言】

髪の毛が後退しているのはない。私が前進しているのだ。  孫 正義

                           by softbank



posted by isaku at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告の技法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439454896

この記事へのトラックバック